保護猫そにちゃんの怖かったこと

こんにちは、保護猫そにちゃんの飼い主です。
ご訪問くださいましてありがとうございます。
20190818111736692.jpg
本日のお題 そにちゃんの怖かったことですが、我が家での生活が3年となり、わりと慣れてきていて、の~んびりだらだらとしていることが多かったそにちゃんなのです。

ところが、ある朝、猫草を食べたあとに、リビングで嘔吐するときに、後ろ足で鉛筆(たまたま落ちていた)を踏んでしまい、足を滑らせて転んだように見えました。凄く驚いたらしく?垂直に飛び上がって、パニックになってしまいました。相当驚いたみたいです。

やみくもに後ずさりしたり、垂直に飛んでいたかと思ったら、数歩走ってから横倒しに倒れて、四肢がもがくように動いてたと思ったら、ピーンと体が突っ張るように伸びて動かなくなりました。

その間、約2~3秒くらいでした。
20190818111749470.jpg
飼い主はただ見ているだけしか出来なくて、驚いて声をかけるくらいでした。呼び掛けても反応しなかったのです。
息が絶えたのかと思ったくらいでしたが…。

そのあと、ビクッとなって起きあがり、5歩くらいヨロヨロと小走りして床に横たわっていたのですが、驚くほど怯えていて、目を見開いていたので、あまり近づかないようにして様子を見ていたのです。

しばらくしてから、おどおどビクビクしながら歩いて隅っこに固まっていました。

そのあと、先ほど横たわっていた場所を見てみると、うんちをお漏らししていました。
20190818111811650.jpg
それから、何かと、怯えるようになってしまい、まるで初めて家に来たときみたいに、びくびくしてご飯を食べなくなって、薄暗い場所にずっとうずくまるようになりました。

約2日間ほど、そんな感じで必要なとき以外は薄暗い場所に居たようです。

一応トイレは間違えてなかったです。食事はあまり食べなくて、ずっと暗がりで飼い主の様子を見ているようでした。

物音にびくついて、寝るときも暗い場所を好んでいるようでした。いつもは一緒に寝ていました。

発作?のあとの3日後から、いつもの慣れていた様子に徐々に戻りました。
20190818111902965.jpg
もしかして、「てんかん」だったのかもと思って色々とネットで動画を見たりしたのですが、よくわからなかったです。

かかりつけの先生に聞いてみたいと思ってます。

驚いたりすると、一時的に記憶が無くなるのかしら?なんて思いましたけど、とにかく、元通りのそにちゃんに戻ってくれて良かったです。

新しい環境に対して、慣れるのに時間が必要なそにちゃんなので、これからも、突然にそういうことがあるのかもしれないです。
けれど、飼い主が落ち着いて対応していけば大丈夫だと思います。

  • 20190818111715054.jpg

この記事へのコメント